ビッグデータで分かった! 日本人の2大癒しは「可愛い子どもと猫動画」

この記事をシェア

日本人の2大癒しは「可愛い子どもと猫動画」

  毎日仕事や学校で疲れる……。そんな日本人が日ごろ一番癒されているものは何だろう? 気になったのでTwitterのつぶやきを大量に集めて調べてみた。

「癒される」Twitterのつぶやきをテキストマイニングで分析

 Twitterで「癒される」というワードを含むつぶやきを10,303件集めて分析。下の条件で絞り込んだ。

・「癒される」含むtwitterのつぶやき
・RT(リツイート)を含まない
・http(外部サイトへのリンク)を含まない
・他 スパムと思われるツイートを削除

10,303件の「癒される」つぶやきを分析

 まずは「癒される」とつぶやいた時に、他にどんな言葉が使われているかを調べる。トップ150位はこちら(特徴的な言葉に色を付けた)。

日本人の2大癒しは「可愛い子どもと猫動画」

 上位から、可愛い、仕事、猫、子、写真、動画というワードが並ぶ。

 次にグラフでつぶやかれた単語の関係を見る。丸の大きさがつぶやきの多さ、線でつながれているのがよく一緒につぶやかれている、関係の深い言葉だ。

日本人の2大癒しは「可愛い子どもと猫動画」

 上のデータを分析すると、日本人が日ごろ癒されている物は大きく2つある。それは「可愛い子ども」と「猫の動画」だ。

「可愛い子ども」に関しては、とくに笑顔の赤ちゃんや子どもを見ると癒されるようだ。自分の子だけでなく、他人の子に癒されている人も多い。

「猫の動画」は見ているだけで癒されるという人が多い。動画だけでなく写真や、実際の猫にも癒されている。

一番癒されるのは仕事の後

 また、癒されるというつぶやきになぜ「仕事」というワードがよく出てくるかというと、仕事で疲れた後に癒されている人が多いからだ。「仕事疲れた~。でも猫の動画見て癒された」みたいな使われ方が多い。
 下のグラフは「癒される」とつぶやかれた時間を表している。20時以降に一気に増えているのは、仕事を終えた人たちだろう。

ビッグデータ分析から見えた! 生きるヒント

 データ分析の結果、疲れた日本人を癒しているのは「可愛い子どもと猫の動画」だと分かった。仕事で疲れた後は栄養ドリンクよりも「猫動画」が効くかもしれない。

この記事をシェア

関連記事