ビッグデータで見えた! プレミアムフライデーの真実とは?

この記事をシェア

ビッグデータで見えた! プレミアムフライデーの真実

 毎月最後の金曜日は「プレミアムフライデー」だ。プレミアムフライデーの意味とは、15時に仕事を切り上げディナーや買い物などをしてプレミアムな時間を過ごそうという、国のキャンペーン。この言葉を耳にしたことはあるが、はたしてどれくらいの人が恩恵を受けているのだろうか? その実態を調べてみた。

 調査方法はTwitterで「プレミアムフライデー」というワードを含むつぶやきを大量に集めて分析する。よりリアルな本音を知るため、前回のプレミアムフライデー当日のツイートだけを集めて分析した。

260,24件の「プレミアムフライデー」を含むつぶやきをテキストマイニングで徹底分析

 プレミアムフライデー当日のTwitterのつぶやき(260,24件)を、テキストマイニングで分析。それでは分析を始めよう。

 まずはTwitterで「プレミアムフライデー」とつぶやいた時に、一緒にどんな言葉が使われているかを調べる。トップ100位はこちら(特徴的な言葉に色を付けた)。

プレミアムフライデーは関係ない

 プレミアムフライデーについてのつぶやきは「関係ない」「帰れない」「忘れてた」「死語」というネガティブなツイートが圧倒的に多く、帰れたという報告はほとんどない。「帰れる」というつぶやきは34位だが、よく見ると「帰れる訳がない」という否定のワードがくっついているつぶやきがほとんどだ。「自分にはプレミアムフライデーは全く関係ない」というツイートが一番多い。

なぜ15時に帰れないのか?

 なぜプレミアムフライデーなのに15時に帰れないのか? その理由は「月末の金曜日の仕事は忙しいから」。多くの人がこの事実をつぶやいている。その証拠にプレミアムフライデーなのに「残業」というつぶやきが12位に入っていて泣けてくる。

「定時」「飲む」というつぶやきが上位の切ない理由

「定時」「飲む」というつぶやきが上位に入っているが、その理由は「プレミアムフライデーだからせめて定時で上がりたい、そして飲みに行きたい」というツイートが多いからだ。会社が15時に上がらせてくれる訳はないので、なんとか自力で仕事を早く終わらせようと努力する姿が見える。

プレミアムフライデーの真実

 プレミアムフライデー当日のつぶやきを分析した結果、リアルな姿が浮かび上がった。プレミアムフライデーの真実とは、忙しい月末の金曜に15時で仕事を終えられるはずもなく、せめて自力で定時に上がりたいと頑張る日である。そして頑張った自分へのご褒美として酒を飲む日なのだ。

この記事をシェア

関連記事